2008年12月アーカイブ

チャリンコ

1年以上前、会社に後輩から新築祝いと言って召し上げたチャリンコがある。
メタボ対策をしなければならないので、コイツでその辺を散策しようと思ったら、空気が減ってる。
で、普通の空気入れでシュコシュコしようと思ったら、バルブが普通ではなかった・・・。
結局、いじくり回しているうちに空気が抜けてしまい乗れなくなった。
空気入れのアダプターなりを買わねばならん。

このチャリをくれた会社の後輩君にこのバルブが仏式であるということを聞きだした。
同時にいただいたコンパクトタイプの空気入れは米式。
日本で一般的なママチャリや空気入れは、英式らしい。
と言うわけで、どちらの空気入れも使えない。

早速、アダプタを物色。
仏式→英式アダプタ

アダプタ購入後、一般的な空気入れで空気を入れて発進。
家近くのダートな下り坂を楽しんだところまでは良かったが、上り坂でギアを軽くしたとたんにギアトラブル。
立ち往生。どうやらボルトが緩んだ程度の問題ではなさそうだ。

家まで押して帰り、いろいろと弄くり回した結果、リアディレイラーが逝ってしまわれた様子である。
ちっさなスプロケが1個ない・・・。2箇所のストッパーも削れてしまっている。
いただいた時からパーツは寄せ集めなので、ギアがチャリにマッチしていないと聞いていたが、こんなことになるとは・・・。

というわけで、リアディレイラーをネット注文。

シマノ DEORE XT RD-M770 ローノーマル

パッケージはこんな感じ。

画像

出してみると、8ヶ国語くらいの取説が入ってる・・・。

画像

装着すると、フレーム側の爪の位置がマッチしなくて、ロー側が一個手前までしか行かない。
考えあぐね、いじくり回しているうちに、フレームの爪のところの調整用のネジが長くなればいけそうだということになった。
代わりのネジは、逝かれたリアディレイラーのトップ/ローの位置調整ネジが代用できた。

画像
上:トップ/ローの調整ねじ 下:爪の部分の調整ねじ

ただ、取り付けた代用ネジは爪を押している状態から、爪の上に乗ってる状態になってしまい、このネジが曲がってしまわないかが心配だ。

画像

装着完了。

画像

累計2時間ほど乗ってみたが今のところ大丈夫。

ところで、元々付いていたリアディレイラーはトップノーマルだった。
フロントディレイラーはローノーマルなので、ギアチェンジの際、混乱があったが、それが解消されたのもうれしい。

ちなみに、ローノーマルとは/トップノーマルとは

ギアのバネが戻った(ワイヤーが出ている)状態のときに・・・
・ローノーマル:ローの(軽い)状態
・トップノーマル:トップの(重い)状態
らしい。

このアーカイブについて

このページには、2008年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年11月です。

次のアーカイブは2009年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。