2009年7月アーカイブ

緯度、経度 フォーマット変換

Google マップでは、緯度、経度を「度(小数点あり)」で扱います。
一方、他の電子地図や携帯のGPSでは「度分秒(小数点あり)」で扱うものがあります。

ってことで、JavaScriptで作ってみましたよ。
※ソースは勝手に持って行ってくださいな。

緯度、経度 フォーマット変換

要は、分とか秒とかを小数点で表すかどうかなので、60で掛けたり割ったりすればいーんですね。

度分秒を度で表すには、
  1. 度 + 分/60 + 秒/60/60

度を度分秒で表すには、
  1. 整数部分を度とする。
  2. 小数部分*60 の整数部分を分とする。
  3. 2.の小数部分*60 を秒とする。


自作の梅ジュース

毎年、庭で採れる梅の実を氷砂糖で漬けて、梅ジュースを作るのである。

ume2009.JPG

これを水で3倍くらいに割って頂くと大変おいしいのだ。
さらに、炭酸水で割ったり、カキ氷にかけたりするのもイイね。

ということで、我が家もカキ氷マシーンを導入。
kakigo-ri2009.JPG
イオンで800円台。安っっw
こいつの隣には、+2000円のキャラクター付きのものが置いてあった。
カキ氷マシーンとしての出来はほぼ変わらないくせに+2000円かよっっ!!ぜってーかわねーな。

娘が夏休みになって、きっと毎日食ってるんだろうなー。腹壊すなよーw

ロードバイクのアイウェア

ロードバイクの使用は、通勤がメインだ。
朝晩のジテツー。
朝の明るい時と、夜の暗い時で、両方に使えるサングラスが欲しいと思っていた。
あと、今使っているやつはレンズ交換で朝晩利用可能だけど、ちょっと視野が狭いのよね。

ってことで、ロードバイク用サングラスを探していて、こんなものを見つけた。

SPORTSEYESオリジナルプログラム。 自由なフレームカラーとレンズカラーで オーダー出来る! RYDONカスタムアイウェアプログラム。

フレームとレンズを色々と選べる。
特にレンズが豊富。ミラーなやつから、偏光、調光、いろいろある。
レンズ交換でロードバイクだけでなく、釣りやスキーにも使えそう。釣りも渓流と海の両方がいけそうね。

フレームはロードバイクやヘルメットに合わせて白を選択。
ジテツー用レンズは、透過率17~78%で変化する(らしい)調光クリアのレンズをチョイス。

ついさっき届いたので早速開梱。
さて、調光レンズは如何に。
日陰と日向でレンズがどう変わるか見てみましたよ。

まずは、キッチンの暗いところで開梱。
rydon_3.JPG
特に色が付いている感じではないですね。

次に、リビングの日向へ移動。
rydon_4.JPG
多少色付きになったかな。
もしかして、色が濃くなるのに時間がかかるのかな?
・・・でぐぐって見ましたよ。

・紫外線量で色が変化するらしい。
 ちゃんと外に出て紫外線を浴びればもっと濃くなるかも。
・色の変化は数十秒で起こるらしい。
 この写真、日向に出して30秒くらいかも。

ちなみに、パッケージ。
rydon_1.JPG
なかなか、スタイリッシュなセミハードケースに入ってますな。

開けてみたところ。
rydon_2.JPG
縦に開く。しかも2枚蓋。付属のクロスもかっちょえーかも。

サングラスも結構好きなので、すぐに交換レンズが欲しくなっちゃうなw
他には、バイク用のRayBan、新婚旅行で買ったリゾート用のRayBan、スキー用のSWANSに、渓流釣り用には偏光レンズのTIEMCO SightMasterがあるw

ちなみに、今までジテツーに使ってたのはSWANS。
会社の前の部署から異動したときに餞別でいただいたもの。

追記:
交換レンズを買ったよw
日中に走るとき用
ライドン用リプレイスメント(交換用)レンズマルチレーザーブルーレンズ

車の運転とか渓流釣りで使える(と思う)偏光レンズ
ライドン用リプレイスメント(交換用)レンズインパクトX偏光調光グレイレンズ

ユーザー車検 ~ 検査当日

やってきました、検査当日。
起きたら土砂降りだしw
と思ったら、家を出るときは止んでてラッキーw

朝一8:45から受付開始の時間帯に予約してある。
着いたのは、9:00ちょい前。
また、雨がちらついてきたよ。

まずは神奈川陸運支局に入ってのすぐ右側の3番建物で用紙を購入。
すぐ隣の窓口で印紙を購入して、用紙に貼り付け。
次に2番建物で記入要領を見ながら用紙に記入。
次は4番建物で納税証明のはんこをもらう。
2番建物に戻って受付。
いざ検査コースへ。

ここで、日が差してきたりして、すんげぇ蒸し暑くなってきた・・・。

今日は空いていた。ってか、最近は時間帯を4つに分けているから混まないのかもしれぬ。
前(10年位前w)は、午前午後で分かれてただけだったから混んでたのかも。
しかも、二輪のコースは工事中だったなぁ。

今回は、ちゃんと二輪のコースで検査してもらえたし、検査官に付いてもらって順調に検査終了。
一発合格だったよぅ。

新しい車検証とシール
shaken2009_f01.JPG

10年以上前に作った、神奈川陸運支局内マップや手順はぜんぜん変わってなくて重宝したよ(自画自賛)。

整備以外の車検に直接かかわる費用が2万で済んだのは、貧乏人には大変うれしかった。

当サイトのメインコンテンツの1つである、下記ページもいろいろと更新しました。
詳細はこちらでどうぞ。

バイクのユーザー車検 神奈川陸運支局ツアー

8年ぶりの更新・・・w
神奈川で車検やったのそのくらいぶりだっしー。

トルクレンチでサドル高調整

乗ってるうちにサドルが低くなってきていた。
たぶん3cmくらい低くなってきていたと思う。
カーボンフレームで締めすぎると割れるらしい。
ということで、トルクレンチを購入。

ちゃんとラチェットになっていて、ビットがいくつか付いているものを選択。
grunge トルクレンチ 6,650 円
2~24N/mで、3、4、5、6、8、10、T25トルクスのビットが付いている。

シートポストのクランプを見ると・・・
seet_post.JPG
どうやら6.2N/mで締めろっちゅーことらしい。

ビットが油でぬるぬるしてるよ・・・。
torque wrench.JPG
本体の持つところ(黒い部分)をまわして、トルクを調整する。
この製品は、設定したトルクがかかると、ラチェット部分の手前のところがクキッと鳴って教えてくれるものだ。
トルクレンチって、現在のトルクが測れるか、ラチェットが空回りするようになるのかと思っていたw

調整完了。そして、また足が地面に届かなくなったw



海の日の海へ

夕べはレストレス・レッグスが腕に出て眠れなかったが、三浦半島西岸のとある海水浴場に行ってきた。
死滅回遊魚でも採取できちゃったら、もしかして海水魚水槽始めちゃうかもとか思ったりしてw

で、水中眼鏡とシュノーケル、中くらいのプラケース、大き目の水槽用の網という簡単装備でシュノーケリングしてきた。

採取できた魚その1
20090720_1.JPG
カサゴみたいな魚。結構のろい。誰でも捕まえられるであろうほどに。
岩やコケに擬態してパッと見は分からないが、止まって見てればすぐ分かる。

採取できた魚その2
20090720_2.JPG
ギンポの仲間かな?もっと朱色のウツボの小さいのみたいなやつも見かけたけどゲットできず。悔しす。

残念ながら死滅回遊魚らしきものは見られず。海水魚水槽もお預け。ってゆーか、さっぱり準備してないし、置くところももうないのに・・・。
でも、もし捕れちゃったら、30cmキューブのフロントーサ幼魚を100cm水槽に移して、サンゴ砂をそのまま使って水だけ入れ替えればいいかなとか思ってた。あとはなし崩し的に水槽置き場拡張w

ちびっ子を連れて行ったから半ドンで上がったし、それにすぐ寒くなった。ウェットスーツが欲しいですな。
でも小アジやベラ、ゴンズイなどなど、いろいろ見れて楽しかったよ。
あぁ、日焼けで背中が痛い・・・。

ユーザー車検 ~ 点検整備

今日は朝から洗車と自動車定期点検整備記録簿の記入を行った。
2年ぶりの洗車。前回車検を始めて赤男爵に頼んだときから洗ってないw

洗車のときに、スクリーンやカウルの傷を磨こうと思って、1年以上前に買ったフェルトのバフを使ってみた。さらに、XJR400をパールホワイトに塗ったとき(12年前かな?)に使ったコンパウンドを使う。このコンパウンド、古すぎてなかなかチューブから出てこないからグイグイ押したら、チューブが破れた・・・。まいっか。古いし捨てちゃお。

さて、電ドリにつけて磨くぜ。うげ、フェルトが飛び散る・・・。でも、磨く。バフって使い捨てだな・・・。
仕上がりは?・・・んー、多少キレイになったかな。

洗車が終わったので、自動車定期点検整備記録簿に記入するなり。
ちなみに自動車定期点検整備記録簿は、バイクに付いてきたり、陸運局で売っている。バイクやにもあるのかな?

車検証を用意して、右上の型式やら車台番号やら記入する。
チェック項目は、点検はレ、調整はA、交換は×を付けていく。
マシンに合わないチェック項目は/を付ける。たとえばシャフトドライブのFJRではチェーン関連は/。
それから、項目にないメンテナンスを記載する。
「自動車分解整備事業者の氏名又は名称(点検整備者)及び事業所の所在地並びに認証番号」の項目は、自分の氏名と住所を記入すればOK。
最後に日付と走行距離を記入して出来上がり。
bike_check_list.JPG

後は、車検当日、色々な書類を書いて、税金とか検査料とか払って、検査するのみ。
検査手順が不安だなぁ。あと光軸で何回も引っかかると面倒だなぁ。回数制限あるらしいし。
ちなみに光軸検査のテクとしては、ハンドルを動かしたり、シートに座るor立って体重を掛けないなどの工夫をして、フィーリングでクリアするのだw

ユーザー車検 ~ 準備

もう6回目(たぶん)のユーザー車検。
でも、悲しいことにやり方をよく覚えていない。
2年に一回しかやらないから当たり前だが・・・。
それに、多少変わってきてるし。

車検満了日は8月2日。だが、今年は日曜日なので、7月31日(金)までに車検をパスせねばならない。
ということで、準備を開始した。

手順は以下の通りのハズ。
  1. まずは、自動車検査インターネット予約システムにて車検の予約を入れる。
  2. 自賠責の継続。
  3. 整備して、自動車定期点検整備記録簿に記入する。
  4. 車検当日。
とりあえず、予約は7月24日(金)に入れた。再検査になったとしても1週間あれば大丈夫だろうと。検査時間は1日4つの時間に分かれるようになったようだ。以前(4年前)は、午前午後だけに分かれてたのに。

本日、午後休みにしたので、ついでに赤男爵にて自賠責の更新を行った。
また安くなってる。13400円とは、またずいぶん安くなったもんだ。前回は2万ちょいだったな。

また、エンジンオイル、エンジンオイルフィルター、ファイナルギアオイルを交換とタイヤのエアをチェックしてもらった。

明日は、超久しぶりに洗車でもして、整備簿に記帳するとしよう。
水耕栽培のトマトの芽生えは、本葉を出し始めた。
tomato_20090706_45.JPG

メイン水槽の植木鉢栽培のトマトは、先週の水遣り後はすくすくと育っている様子。
茎も太くなってきた気がする。
tomato_20090706_160.JPG

ちなみに、玄関先で見つけた赤いカミキリムシ。
benikamikiri.JPG
その名もベニカミキリムシらしい。そのままですな。

ちなみにちなみに、30cmキューブ水槽のフロントーサ幼魚は成長に差が出てきたので、小さい奴を隔離。
frontosa_20090706.JPG
3匹の幼魚(大、小、小(ヒレボロ))がいて、最初は大を隔離したが、小が小(ヒレボロ)を追い回してしまうので、小(ヒレボロ)の隔離に変更。
これで、大丈夫っぽい。小(ヒレボロ)も隔離ネット内では、リラックスしている様子。

ちなみにちなみにちなみに、メイン水槽に産卵塔がわりの植木鉢を投入。
main_sanran_tou.JPG
オレンジ色のディスカスがペアになっているとか、アルタムとベールテールがペアになってるとか、その辺はよく分からん(w)が、腹パンなのは確かなので、これで様子を見るのだ。


このアーカイブについて

このページには、2009年7月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年6月です。

次のアーカイブは2009年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。