プログラミングのブログ記事

ImageMagickのconvertを利用している。あとwgetとsedくらい入ってるっしょ。

 

#!/bin/sh

USAGE="usage: $0 [USER NAME] [SLIDE NAME]"
if [ $# -lt 2 ]; then
echo >&2 $USAGE
    exit 1
fi

USER_NAME=$1
SLIDE_NAME=$2
SLIDESHARE_URL="http://www.slideshare.net/"

TITLE=""
PDF_NAME=""

wget -nv --content-disposition $SLIDESHARE_URL/$USER_NAME/$SLIDE_NAME --output-document=tmp.html
wait

CNT=0
while read line
do
    TITLE=`echo $line | sed -n -e "s/.*<title>\(.*\)<\/title>.*/\1/p"`
    PNG_URL=`echo $line | sed -n -e "s/.*data-full=\"\(.*\)\" .*/\1/p"`

    TITLE=`echo $TITLE`
    PNG_URL=`echo $PNG_URL`
    if [ ${#TITLE} -ne 0 ]; then
        echo $PDF_NAME
        PDF_NAME=`echo $TITLE`
    fi

    if [ ${#PNG_URL} -ne 0 ]; then
        echo $PNG_URL
        CNT=`expr $CNT + 1`
        wget -nv --content-disposition $PNG_URL --output-document=${CNT}.png
    fi
done < tmp.html

convert $(for i in $(seq 1 $CNT); do echo ${i}.png; done) ${PDF_NAME}.pdf

rm -f *.png
rm -f tmp.html

楽天、Yahoo!、Amazon一括検索ガジェット

以前作ったJavaScriptで楽天、Yahoo!、Amazon一括検索をGoogleガジェットにしてみました。

ネットでモノを買う場合、安いところを選びます。
しかも、楽天、Yahoo、Amazonの中から一番安いところで。
というわけで作ってみました。(サイトは、右のリンク集からどうぞ)

仕事でWEBのMashUpに携わることになり、AJAXやらなにやらいろいろとお勉強したので、その習作として作成しました。

楽天、Yahoo、Amazonの各WEBサービスからJSON(AmazonはXSLでJSON変換)でアイテムを検索して、結果を価格の安い順でソートしています。

ただそれだけですが、今後便利に使おうと思います。
また、使っていただければと思います。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちプログラミングカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはUbuntuです。

次のカテゴリは自宅サーバです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。