PHPの最近の記事

自鯖の Ubuntu を 16.04 にした。そろそろ次のLTSが出るってのに、いまさらw。ってのが、大晦日だったような。

で、アップグレードしたはいいけど、あちこち動かなくなっていた(このブログとか)のをようやく動くようにした話。

PHP が 7.0 にアップグレードされて、設定ファイルが新しいパスに作られて、旧設定が引き継がれなかったせいで、日本語ワカリマセーン状態だったので、mbstring 系を再設定。

まだ、Movable Type が動かないのでログを見ると mysql_connect がないとのエラー出力。ググると、mysql_connect は php 7.0 から削除されたらしい。mysqli とか新しいモジュール使えということらしい。インストールは勝手にされているようだが。(´・ω・`)

しょうがないのでソース(/[movable type のルート]/php/lib/mtdb.mysql.php に発見)をのぞいたら、pdo_mysql 有効になっている(/etc/php/7.0/apache2/conf.d/20-pdo_mysql.ini にシンボリックリンクが存在する)と pdo_mysql を、次にmysqli、それ以外ならmysql使うというif 文になっていたので、こいつをどかして(/etc/php/7.0/mods-available/ リンク元ファイルがあるとこに移動)、mysqli を使うようにする。動いた。以上。

まぁ、https://www.movabletype.jp/documentation/mt6/installation/system-option.html の下の方にある、ダイナミックパブリッシング(オプション)を使う場合ですけどね。

なんか、テンプレートがデフォルトになってしまったけど、記事が読めるようになったのでひとまず良しとする。続きはまたいつの日にか。

nojimageさんのTwitterの発言をmixiボイスに投稿するスクリプトを大変便利に利用させてもらったのですが、nojimageさんに一言お声をかけて、これをベースに発言をローカルに保存するPHPとその表示用PHPを作成してみました。

twlogです。

TwitterのAPIを利用して発言を取得し、ローカルの指定ディレクトリに保存します。

発言の取得は、どの発言まで取得したかをファイル(last_idと言うファイル)で管理しており、初回取得時(last_idがないとき)には全発言、次回以降は前回取得した発言より後の発言を取得してきます。
私はこれをcronで15分間隔で動かしています。

保存方法は、指定ディレクトリ配下に、「年/月/」ディレクトリを構築し、その下に日毎にタブ区切りテキストを作成しています。

表示の方は、指定ディレクトリの配下の「年/月/日」にあるタブ区切りテキストを読み込んで、月別に表示します。
あえてのスタイルシートなしのシンプルデザインですw
#めんどくさくなったとも言うww

おまけで、発言を保存しているタブ区切りテキストをJSONやJSONPに動的に変換するスクリプトも同時に作成しました。
GETで指定したパスにあるタブ区切りテキストを、GETで指定したフォーマットで(オプション)、GETで指定したコールバック関数にして(オプション)、JSON/JSONPにして返します。
なので、タブ区切りテキストであれば、なんでもJSONにしてくれる(ハズ)です。
#ブログの「Twitter Update」をJavaScriptで自作しようかと思ったけど、これも面倒になったので使ってないw

お友達が作ったもっとよく出来た(w)Ruby版はこちら

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちPHPカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはMovableTypeです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。