2006年12月アーカイブ

温度低下


29日に妻の実家に泊まって来たのだが、帰って来たら水が減って回らなくなって、ヒーターが効かなくなり、21度まで下がってしまっていた。
白点が出た子がいたが、投薬ですぐに治ってよかった。

フラッシュは嫌い

画像

アルタムはカメラ構えると寄って来るけど、フラッシュ光ると離れるのだ。

オトシン

画像

腹ヒレで挟むようにして、何かに捕まってるのがかわいいのだ。

今朝のアルタム

画像

手をかざすと寄って来て、人工飼料食べます。
ディスカスは寄って来るまで結構かかったのに。導入翌朝からこれです。すんばらしー!!

さすが国内ブリード!!

画像

放流直後、人工飼料食べてます。
素晴らしく状態がいいっす。
手をかざすと寄って来ます。

これで、我が家の水槽の役者がそろったって感じ。
脇役はちょぼちょぼと何かしら増えていくだろうけど。

温度&水合わせ中

画像

夜遅くなってしまったし、お湯を用意するのがちょっと大変だったので、通常水合わせで。
ブラインが丁度湧いてたから、ちょっとあげた。すぐ食い付いた。さすが国内ブリード!!

そう、アルタムは500円玉より大きめサイズが10匹、ブッシーは2匹なのでした。

ホワイトエッジブッシー

画像

せっかく遠くまで行ったし、プレコがいろいろいたから、お供していただいた。
オヒゲがかわいいのよ。

冷たい風雨の夜に

画像

昨日の昼、例によってアルタムの入荷をネットで調べた時だ。

「国内ブリードワイルドF1アルタム 30匹」

ショップに即電話。

「19匹残ってますよ~。国内ブリードだから、入荷直後から人工飼料食べてます。フレークしかやってないですよ~。」

即決、売約、「今夜行きます。」

夜、風雨、渋滞の首都高。バイクでは普通なら悲しくなるほどの状況。往復100キロ、3時間半、首都高2800円。でも、がんばって行った。アルタムに会いに。
アルタムはビュンビュンと泳ぎ回り、手をかざすとわらわら寄ってくる、美しい固体ばかり。
500円玉よりちょい大きめの今の水槽にもってこいのサイズ。うれし~ぃ!!
ショップは郊外の小綺麗な大きめの店舗。種類豊富。プレコもいろいろいたぞ。
持参した発泡スチロールにカイロ入れてくれた。{%heart1_a%}

正直、辛いお迎えだった。腰痛くなるし。
でも、帰宅して温度&水合わせ始めたら、嬉しさが込み上げてきたよ。

メイン水系は

白点が減ってきた。
ラスボラが2~3割に落ちてしまったけど、白点は沈静化の方向。
まだ投薬中だけどねぇ~。

アルタム未だ見つからず。
元気の良いアルタムがいたで店は水槽準備&セール待ちしてたらいなくなってしまったし、入荷待ちしている店では卸しの方で調子が上がらず入荷せず。遠方で見つけても調子が悪くて持って帰れないとか。
お迎えするのは早くて正月明けか?
ブルーフィン&アルタム水槽なのに、主賓を待ってるうちに脇役が増えちゃうよぅ。既にタイガープレコとかレオパードダニオが来ちゃったじゃん。

メダカ連日産卵

3日続けて産卵してる。今日はしかも2匹が産卵。
結局、3日で35個の卵を捕ったかな。
初日の卵で白くなってきたものあり。無精卵だったのかな?

このアーカイブについて

このページには、2006年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年11月です。

次のアーカイブは2007年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。