バイクのユーザー車検 神奈川陸運支局ツアー

4. 車検証交付

    ・車検証交付

     検査がすべて終了したら、2番の建物の6番窓口へ。 カウンターには、書類を互い違いに入れるトレイがあるので、下記の書類をまとめて提出しよう。 ほどなく新しい車検証とシールが交付される。

      提出書類一覧(11) 提出時の確認事項
      自動車重量税納付書 はんこが押されている。
      継続検査申請書 はんこが数個押されている。
      自動車検査票 はんこが益々押されている。
      古い車検証 なくしちゃやーよ。
      待つことしばし・・・
      新しい車検証とシール 名前を呼ばれるので、受け取って自分のものであるか、名前、住所、期間など内容を確認しよう。

    これで以上だ。実際やってみるとあっけないほど簡単だと感じるだろう。
    そして、愛車の車検をパスした達成感を感じるだろう。
    だが、うれしさのあまり、その場でシールを貼り替えようとしない方がいい
    2年間貼られてきたシールはきれいに剥がれないからだ。
    シール剥がしのケミカルを買って、おうちで貼り替えるが良い。

    ・あとがき

    ユーザー車検は難しいものではない。免許書の書き換えと大して変わらない(整備は別だが)。
    車検代行屋なんてのもあるが、あれは整備してくれるわけでなくただ陸運局に持っていって検査を受けてくれるだけだ。
    時間がなければ整備はバイク屋に頼んでもいいが、暇な学生は自分でやるべきだ。
    愛車の整備だ、ますます愛着がわくに違いない。そして、工賃だけが節約できる。工賃は安くない。
    数万円かかったりする。それだけあれば、ツーリングに行ける。ユーザー車検の本もいろいろ出ている。
    私は、ユーザー車検をおすすめする。


神奈川陸運支局ツアー
3. 当日〜検査 ::: 目次 ::: 5. 変更申請〜練馬