Androidのブログ記事

大雑把な手順は、PC上でMobile Atlas CreatorでGoogle Mapから地図データを作成して、Android端末に転送し、Big Planet TracksやRMaps、OruxMapsで閲覧する。

作業環境:PC(Ubuntu 10.04)、Nexus One(Android 2.2)

※Mobile Atlas CreatorはJavaアプリで、Windows、Macでも動作するらしい。旧名、TrekBuddy Atlas Creator

※2010/11/16現在、Big Planet TWは、Big Planet Tracks 2.0a。改名した模様。

 

追記:2010/11/16

最近GISに関して調べているので、Androidアプリも再調査。オフラインのGoogle Map表示アプリが増えてきているようだ。

Big Planet TracksとRMapsは仲良しなようだ。Big Planet Tracks作者はRMapsの方が更新が頻繁なのでRMapsを推奨してるww

RMapsはデフォルトのオフラインマップをBigPlanetにしてるし。

OruxMapsは高機能。オフラインファイルの作成はやはりMobile Atlas Creatorを使う模様。

BlueToothのGPSや心拍計も対応するとか、GPSログを取るとか、オンラインマップをキャッシュするとか、KMLをサポートするとか、かなり高機能。

OruxMapsが本命になりそうだ。

 

1. Android端末にBig Planet TracksやRMaps、OruxMapsをダウンロード&インストールする。

Big Planet Tracks:http://code.google.com/p/big-planet-tracks/downloads/list

RMaps:Androidマーケットから

OruxMaps:Androidマーケットから

 

2. PC上にMobile Atlas Creatorをダウンロードする。

本家サイト:http://mobac.dnsalias.org/

ダウンロードサイト:http://sourceforge.net/projects/trekbuddyatlasc/files/

※2010/11/16現在、Mobile Atlas Creator 1.8 正式版

 

3. PC上にSqliteJDBCをダウンロードする。

http://www.zentus.com/sqlitejdbc/

※sqlitejdbc-v056.jar をダウンロードした。

 

4. PC上にMobile Atlas Createrをセットアップする。

ダウンロードしたMobile Atlas Createrのzipファイルを展開する。

展開したフォルダにSqliteJDBCのjarファイルを移動する。

 

5. PC上でMobile Atlas Creatorを起動する。

展開したフォルダ内のMobile_Atlas_Creator.jarを右クリックして、OpenJDK Java 6 Runtimeで開く。

mobile_atras_creator.png

 

6. Mobile Atlas Creatorの設定

「Map source」で「Google Map」を選択する。

プロキシの設定が必要な場合は、「Setting」の「Network」で設定する。

 

7. マップデータを作成する(1) ~ 作成したい範囲を選択する

マウスのスクロールボタンで地図を拡大/縮小したり、地図上をダブルクリックして拡大とか、画面左上の「Select entered coordinates」ボタンを押して選択範囲を中央に表示するとかして、必要な範囲を表示する。

そしたら、ドラッグして必要な範囲を選択する。

 

8. マップデータを作成する(2) ~ マップを保存する

「Zoom Levels」で必要な縮尺を選択し、「Atlas Content」の「Name」で名称設定し「Add selection」で選択範囲を追加する。

※選択範囲は複数追加できる様子。

 

「Saved profiles」で名称設定(後述の[mapname]となる)して「Save」ボタンを押すと、マップを保存出来る。

 

9. マップデータを作成する(3) ~ マップをAndroid端末向けにエクスポートする

「Atlas settings」でファイル形式を選択しする。

 Big Planet Tracks、RMapsの場合:「RMaps SQLite」

 OruxMapsの場合:「OruxMaps Sqlite」

「Create atlas」ボタンを押すとエクスポートが開始される。

エクスポートが完了したら、ダイアログの「Open Atlas Folder」ボタンでエクスポートしたファイルを表示できる。

エクスポートしたマップファイルは下記フォルダに保存されている。

Big Planet Tracks、RMapsの場合:ホーム・フォルダ/atlases/[mapname].sqlitedb

OruxMapsの場合:ホーム・フォルダ/atlases/[mapname]_yyyy-mm-dd_hhmmss/[mapname] (フォルダ)

 

10. エクスポートしたマップファイルをAndroid端末の下記フォルダへコピーする。

Big Planet Tracks、RMapsの場合:/RMaps/maps/[mapname].sqlitedb

OruxMapsの場合:/oruxmaps/mapfiles/[mapname] (フォルダ)

 

11. Androidアプリでマップファイルを開く。

Big Planet Tracks:メニュー→More→SQLite Database→[mapname].sqlitedb を選択

OruxMaps:Browse maps→select a map→[mapname]

 

以上

Nexus Oneのバッテリは容量2倍強に拡張したけど、丸1日持つか持たないか。

っつーことで、外部バッテリも欲しいよね。

んでもって、ソーラー充電もできると、キャンプとかツーリングとか行ってコンセントない時も安心。

それから、外部バッテリは単4型充電池を使用するタイプだと、ロードバイクのライトにも使えて、ロードバイクでのロングツーリングにも使えるかなとか(予定なしだがw)。

それに、単4型充電池であれば、ヘタってきても入手/交換が簡単だし。

ついでに、防水パック。釣りに行ったときに必要。

で、何ヶ月か探したりしてたんだけど、ようやく良い品見つけましたよ旦那っ!

 

手帳型ソーラーパネル(コンパクトソーラーチャージャー)

エコプライドUSB充電器セット BT-JUUSB

シースルー防水ケース(iPhone&iPod対応)防水イヤホン付き【WEB限定商品】

 

まずはソーラーパネル。

出力は3W。出力アダプタはUSB、ケータイ各社用、DSi、PSP。

大きさは、文庫本サイズよりちょい大きめかな。

晴天下にてUSB出力でNexus Oneに直接充電できることを確認しましたよ。

ちなみに、夜に室内の蛍光灯でも試したけど、これは充電できず。

 

次に単4型充電池使用のUSB充電器。充電池付属。

これは、充電式単4型Ni-MH(ニッケル水素)電池を2本単位でセット、4本使用できる充電器。

入出力はスイッチ切り替え式でUSBでの入出力になる。

上記のソーラーパネルから充電できることも確認したよ(晴天下)。

ちなみに、この充電器セット、2つ買っちゃった♪

 

最後に防水パック。

防水能力はIPX7。水深1mで30分浸水しないとか。

iPhone対応とか書いてあるけど、もちろんNexus One+超大容量バッテリでも入ったよ。

タッチパッドも使えるし、背面のカメラ窓もある。

防水イヤホンも付いてる。イヤホンのジャックって特に防水処理みたいなことされているようには見えないけどダイジョブなのかしら?

ネックストラップ、腕バンド付き。

 

このセットがあれば、アウトドアでも安心して遊べるにょ♪

Android端末ゲット!!

年明けくらいから、Android端末に変えようと思ってから、幾つかの重要な発表が携帯各社からありましたね。

docomoの Xperia、SoftbankのHTC Desire、auの・・・なんだっけ?

というわけで、3社揃い踏みとなるはずが、さすがのau はスマートブックやらワケ分からんもんを一発目に出すという失態をやらかしたので、見切りをつけましたよ。


嫁はカメラがいいやつってゆーし、俺はNexus Oneがいーし、ってことで、docomo決定です。

4/3(土)に嫁のXperiaと 俺のHT-03Aをゲット、Nexus Oneは黒船ガジェットで注文、ついでに拡張バッテリも注文して、本日Nexus Oneが届いたよ♪

ク ロネコの国際宅急便とやらでロスから届きましたよ。クロネコさんが海外もやってるとは知りませんでしたw

Nexus_One_20100407_01.jpg

注文してから5日くらいかしら。

開けると、結構しっかりした化粧箱が入ってました。

Nexus_One_20100407_02.jpg

開けるとすぐに本体が出てきたよ。

Nexus_One_20100407_03.jpg

 

可愛いソフトケースも付いてきたけど、拡張バッテリ付けちゃうから使えないなり。

Nexus_One_20100407_04.jpg

 

他には、底の方にマイクロUSB充電器、マイクロUSBケーブル、マイク/リモコン付きイヤホン、バッテリが入ってたよ。

Nexus_One_20100407_05.jpg

マイクロSD4GBは本体に刺さってた。(たしかw)

Nexus_One_20100407_06.jpg

拡張バッテリを入れてたら、起動してしまったなど。

充電されてないからすぐ落ちたけどw

マイクロSDも16GBを奮発したりして。

 

Nexus_One_20100407_07.jpg

拡張バッテリをつけると倍位の厚みになるずら。でも、容量は倍以上あるよん。

 

ところで、Nexus Oneにストラップを付けたい。

みなさんと同じようにバッテリの蓋を加工して、中のネジに共締めすることにし た。

Nexus_One_20100407_08.jpg

写真中央、本体を裏っかえして右上のネジにストラップを共締めするなり。

ってか、こんたら小さいトルクス、うちにはねーし。ってことで、コーナンへダッシュ。

LIFELEXの精密ドライバーセット980円也。

ちなみに、T5で回ったよ。

 

蓋を加工した。前の写真に映ってるカッターで溝をほっただけ。

Nexus_One_20100407_09.jpg

この溝にストラップを通しますよ。

 

出来上がり♪

Nexus_One_20100407_10.jpg

ストラップは、PE5号ってゆー糸とスナップ付きサルカンって金具(両方共釣具)で作ったお手製に、TIMBERLANDのカスタムブーツを作ったときに付いてきたタグを合わせたもの。

 

充電も完了したので、スイッチオン!

Googleアカウントをセットアップする途中、まだ3Gが繋がってないので、勝手に無線LANのセットアップに移行するとか。親切ですこと。セットアップ完了すると早速アップデートがダウンロードされた。再起動しますか?って、・・・初期設定の途中なんですけどw

 

Xperiaの設定と同じようにAPNを設定してみるも、やっぱBizホは使えないようですね。128kじゃぁ我慢ならんだろうしw

っつーことで、Nexus Oneの3GはAPNをopen.mopera.netに設定して様子見とする。

XperiaやHT-03AのBizホAPN「mpr2.bizho.net」はダメだったけど、「mpr.bizho.net」なら使えた。

(接続設定用APNの「0120.mopera.net」で「http://start.mopera.net」にログインしたからだろうか?)

【追記】

ただし、しばらくすると接続できなくなるorz。iPhoneで試した人も同じようなことを書いているようだ。

APNをチェンジすると、またしばらく使えるとかあるけどw

でも、PC接続用のAPN「open.mopera.net」の方が速い気がする。

ちなみに、128k用のAPN「mpr.ex-pkt.net」も使えた。Bizホも大して変わらない速度な気がするが・・・。

 

これにて乗り換え完了、後はいろいろと遊ぶだけー♪

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちAndroidカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはGISです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。