バイクのブログ記事

XT250XにGIVIのリアケースE370を装着した。

【送料無料】GIVI(ジビ) DAYTONA(デイトナ)MONOLOCK CASE(モノロックケース)E370シリーズ...

【送料無料】GIVI(ジビ) DAYTONA(デイトナ)MONOLOCK CASE(モノロックケース)E370シリーズ...

価格:19,599円(税込、送料込)

 

なんとなくリアケースのブレーキランプを付けてみたくなったので自作して取り付けたよ。

 

まずは、ブレーキランプの球だが、GIVI純正の奴は普通の電球・・・。

イマドキはLEDがいいよねw

ってことで、下記を入手。

【カバー付で、広角に照らすLEDバルブ】ウェーブパワーLED6バルブ12V(5w型シングル球)ホワイト

【カバー付で、広角に照らすLEDバルブ】ウェーブパワーLED6バルブ12V(5w型シングル球)ホワイト

価格:1,780円(税込、送料別)

こいつの中身を取り出して、LED+基板だけにしてしまう。

この球、+側に抵抗、-側にダイオードらしきものが付いてたかなぁ。

で、並列に配線して、アクリル板やらなんやらを駆使して適当に固定wwww

まぁ、このへんは100%自作部分なので適当に。

 

ついでに、ソーラーのバッテリ補充電器も付けちゃう。

自然放電などによるバッテリーあがりを軽減し、劣化を抑制バッテリーチェッカー付ソーラーバッ...

自然放電などによるバッテリーあがりを軽減し、劣化を抑制バッテリーチェッカー付ソーラーバッ...

価格:5,980円(税込、送料別)

 

配線絡みの部品は、こちら。

【EM】【代引き不可です】ダブルコード E537

【EM】【代引き不可です】ダブルコード E537

価格:410円(税込、送料別)

【EM】【代引き不可です】ギボシ端子セット 1151

【EM】【代引き不可です】ギボシ端子セット 1151

価格:126円(税込、送料別)

【EM】【代引き不可です】配線コネクター E488

【EM】【代引き不可です】配線コネクター E488

価格:189円(税込、送料別)

【EM】【代引き不可です】クワ型端子セット M274

【EM】【代引き不可です】クワ型端子セット M274

価格:126円(税込、送料別)

 

 

お次は、バイクをバラしますよ。

1. テールライトアッセイのケースを取り外す

xt250x_tail_light_case.jpg

片側2つのツメで付いてるだけ。ツメを外したら、後方へグイグイとずらして取り外す。

 

xt250x_tail_light_case2.jpg

はい、取れたー。

 

2. リアカウルとキャリアを取り外す

まずは、シートの裏側からボルトを2本抜いてシートを取り外す。

シートを外すとリアカウルを止めているボルトが2本見えるので取り外す。

キャリアを止めているボルト4本も取り外す。

 

このあと、カウルとキャリアの取り外しは、知恵の輪みたいなので慎重に。

俺は、ヘタこいてカウルが傷ついた・・・・ orz

 

キャリアの後方を持ち上げながら、リアカウルを後方へずらすとカウルの中央辺りにあるでかいツメが外れる。

xt250x_rear.jpg

そしたら、前方へずらしてカウルを取り外す。

ちなみに、上の写真に写っている赤い物体は、リアケースのストップランプの配線をしたコネクタ。

なぜなら、組み付け時の写真だからwwww

 

xt250x_rear2.jpg

キャリアは左側を下にずらして取り外す。

 

3. テールライトアッセイからの配線

xt250x_tail_light_line.jpg

写真はコネクタ接続済みで見にくいけど、テールライトアッセイへの配線は下記の通り。

青:テールランプ(+)

黄:ブレーキランプ(+)

黒:アース(-)


なので、ブレーキランプを増設するので、黄色と黒にコネクタを接続する。

将来ETCを付けたくなった時用に、青と黒にも接続しておく。ただし、電流が足りるかは知らんwwww

ソーラーバッテリ補充電器用に、バッテリーからも配線を伸ばしておく。

 

カウルやキャリアを組み付けつつ、リアケースへ配線を引っ張りだしてくる。

xt250x_line_out.jpg

結束バンドを使ってキャリアに止めたりするよ。

xt250x_line.jpg

ケース底部の前方中央から引きこむ。

xt250x_line_to_case.jpg

もちろん、ケースとベースプレートには自分で穴を開けるんだよ。

で、リアケースに組み込み済みのストップランプに接続。

 

バッテリ補充電器も接続。

xt250x_3_lines.jpg

もう一つ余っているのは、テールランプから引っ張った、将来ETCを付けたくなった時用wwww

 

xt250x_case_stop_light_off.jpg xt250x_case_stop_light_on.jpg

レンズが暗くてよく分からん・・・orz

でも、きっと昼の明るい時だからに違いないさwwww

 

ソーラー補充電器はビニール袋に入れてガレージ外へ。

xt250x_solar_battery.jpg

HDDから取り外して放置してあった強力マグネットで固定してあるよ。

ユーザー車検 ~ 検査当日

やってきました、検査当日。
起きたら土砂降りだしw
と思ったら、家を出るときは止んでてラッキーw

朝一8:45から受付開始の時間帯に予約してある。
着いたのは、9:00ちょい前。
また、雨がちらついてきたよ。

まずは神奈川陸運支局に入ってのすぐ右側の3番建物で用紙を購入。
すぐ隣の窓口で印紙を購入して、用紙に貼り付け。
次に2番建物で記入要領を見ながら用紙に記入。
次は4番建物で納税証明のはんこをもらう。
2番建物に戻って受付。
いざ検査コースへ。

ここで、日が差してきたりして、すんげぇ蒸し暑くなってきた・・・。

今日は空いていた。ってか、最近は時間帯を4つに分けているから混まないのかもしれぬ。
前(10年位前w)は、午前午後で分かれてただけだったから混んでたのかも。
しかも、二輪のコースは工事中だったなぁ。

今回は、ちゃんと二輪のコースで検査してもらえたし、検査官に付いてもらって順調に検査終了。
一発合格だったよぅ。

新しい車検証とシール
shaken2009_f01.JPG

10年以上前に作った、神奈川陸運支局内マップや手順はぜんぜん変わってなくて重宝したよ(自画自賛)。

整備以外の車検に直接かかわる費用が2万で済んだのは、貧乏人には大変うれしかった。

当サイトのメインコンテンツの1つである、下記ページもいろいろと更新しました。
詳細はこちらでどうぞ。

バイクのユーザー車検 神奈川陸運支局ツアー

8年ぶりの更新・・・w
神奈川で車検やったのそのくらいぶりだっしー。

ユーザー車検 ~ 点検整備

今日は朝から洗車と自動車定期点検整備記録簿の記入を行った。
2年ぶりの洗車。前回車検を始めて赤男爵に頼んだときから洗ってないw

洗車のときに、スクリーンやカウルの傷を磨こうと思って、1年以上前に買ったフェルトのバフを使ってみた。さらに、XJR400をパールホワイトに塗ったとき(12年前かな?)に使ったコンパウンドを使う。このコンパウンド、古すぎてなかなかチューブから出てこないからグイグイ押したら、チューブが破れた・・・。まいっか。古いし捨てちゃお。

さて、電ドリにつけて磨くぜ。うげ、フェルトが飛び散る・・・。でも、磨く。バフって使い捨てだな・・・。
仕上がりは?・・・んー、多少キレイになったかな。

洗車が終わったので、自動車定期点検整備記録簿に記入するなり。
ちなみに自動車定期点検整備記録簿は、バイクに付いてきたり、陸運局で売っている。バイクやにもあるのかな?

車検証を用意して、右上の型式やら車台番号やら記入する。
チェック項目は、点検はレ、調整はA、交換は×を付けていく。
マシンに合わないチェック項目は/を付ける。たとえばシャフトドライブのFJRではチェーン関連は/。
それから、項目にないメンテナンスを記載する。
「自動車分解整備事業者の氏名又は名称(点検整備者)及び事業所の所在地並びに認証番号」の項目は、自分の氏名と住所を記入すればOK。
最後に日付と走行距離を記入して出来上がり。
bike_check_list.JPG

後は、車検当日、色々な書類を書いて、税金とか検査料とか払って、検査するのみ。
検査手順が不安だなぁ。あと光軸で何回も引っかかると面倒だなぁ。回数制限あるらしいし。
ちなみに光軸検査のテクとしては、ハンドルを動かしたり、シートに座るor立って体重を掛けないなどの工夫をして、フィーリングでクリアするのだw

ユーザー車検 ~ 準備

もう6回目(たぶん)のユーザー車検。
でも、悲しいことにやり方をよく覚えていない。
2年に一回しかやらないから当たり前だが・・・。
それに、多少変わってきてるし。

車検満了日は8月2日。だが、今年は日曜日なので、7月31日(金)までに車検をパスせねばならない。
ということで、準備を開始した。

手順は以下の通りのハズ。
  1. まずは、自動車検査インターネット予約システムにて車検の予約を入れる。
  2. 自賠責の継続。
  3. 整備して、自動車定期点検整備記録簿に記入する。
  4. 車検当日。
とりあえず、予約は7月24日(金)に入れた。再検査になったとしても1週間あれば大丈夫だろうと。検査時間は1日4つの時間に分かれるようになったようだ。以前(4年前)は、午前午後だけに分かれてたのに。

本日、午後休みにしたので、ついでに赤男爵にて自賠責の更新を行った。
また安くなってる。13400円とは、またずいぶん安くなったもんだ。前回は2万ちょいだったな。

また、エンジンオイル、エンジンオイルフィルター、ファイナルギアオイルを交換とタイヤのエアをチェックしてもらった。

明日は、超久しぶりに洗車でもして、整備簿に記帳するとしよう。

初めての業者車検

初めてバイク屋に車検を頼みました。

これまで、納車時以外は全てユーザー車検(過去5回くらい)で通してきたが、今年は既に家のこと仕事のことで疲れちゃったので。

まぁこのFJR1300も6年間、オイル交換以外にロクに整備もしないので、プロに見てもらった方がいいよねってこともあるし。

覚えている限りで整備&車検の内容は下記。

●整備
・前後ブレーキパッド交換
・ブレーキフルード交換
・クラッチフルード交換
・ファイナルギアオイル交換
・オイル交換
・プラグ交換
・エアクリーナー交換
・光軸調整
・空気圧調整
・冷却水補充
・バッテリ補充電

●車検
・自賠責
・重量税
・印紙
・代行

全部で9万ちょい。

代車もVTR250を出してくれた。気分転換にはなった。夏の町乗りは、ネイキッドで2気筒くらいの250の方が涼しくていいね。


しかし、7月頭にブレーキパッド交換だけやってもらうつもりだったのが、変更して車検もやってもらうことにしたので少々混乱させてしまった。で、ブレーキパッド部品代を2重取りされてたことに気づいちゃった。よかった、気づいて。今日、仕事帰りに、赤男爵に寄ってこよう。ちなみに赤男爵の仕事自体には満足しているので、あまり文句は無い。

新ブーツ来たーっ!!

画像
忘れた頃にやってきました。 ティンバーランドのオーダーメイドのブーツ。 いい感じに仕上がってますです。

本日、早速履いてみました。
やっぱり、まだ革が硬いですな。
で、バイクに乗ったら、早速シフトペダルの跡が左足の甲についた・・・。
どうせ汚れるんだからいいんだけどねー。

靴を新調する

画像画像5、6年前に買ったTimberlandの靴です。バイクに乗るとき、雨が降っているとき、キャンプに行くときなどなど、週に2、3日くらい履き続けて、可哀想なくらいくたびれてきました。(上の写真)

なので、新調します。父の日だったし。と言うわけで、横浜のクイーンズスクエアにあるTimberlandに行ってきました。ここへ行くと、オーダーメイドのブーツが作れます。しかも、5、6年前に買ったときより安くなってます。当時、5万くらいした気がしますが、オーダーメイドで3万5千でおつりが来ました。多少のモデルチェンジは致し方ないけど。

革、ソール、紐など、ほとんどの部品が5種類以上からチョイス出来ます。3文字までのイニシャルも刺繍できたりと、妻と2人で結構楽しく選べました。娘は買ったばかりのポケモン図鑑に釘付けでしたが・・・。で、下の写真の様になりました。

出来上がりは3~5週間後とのこと。アメリカにオーダーして、ドミニカで作って、船便で来るそうな。まぁ、気長に待ちます。夏休みには間に合うですかね。

GSもICチップで支払い

画像

チップの埋め込まれたキーホルダーでガソリンスタンドの支払いが出来るようにしてみた。このキーホルダーをセルフの機械に近づけてピッとやると、給油や洗車が出来るとか。
クレジットカードを登録して、そこに請求が来るらしい。
これで財布を出さなくてもOKだってさ。

タイヤ交換

FJR1300 "01UKモデルのタイヤを交換した。
【ダンロップ】SPORTMAX D221 (FRONT) 120/70ZR17 MC(58W) (REAR) 180/55ZR17 MC(73W)

新タイヤはやっぱり気持ちいいね。

タイヤがヤヴァイ

FJR1300(”01英国モデル)のタイヤがマジやばくなってきた。昨年夏の車検の時にそろそろサインが・・・と思っていたが、放置していたら恐ろしげなことに。
サインはとうに消え、ヒビが入り、違うものが見えてきた。今日は赤男爵が定休日だから明日とにかく行くことにしよう。今日、明日の辛抱だ。持ってくれ、タイヤ。
#おととい、高速をぶっ飛ばしたが、死ななくて良かった。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちバイクカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはコンピュータです。

次のカテゴリはモノです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。