子らへのブログ記事

6.ペット 【子らへ】

ペットは生き物である。
生命の尊さは皆等しいとは思うが、ペットは飼い主がせいぜい可愛がってやればよい存在でしかない。
なぜならペットにはこの社会を担っていくことなどできないのだから。
むしろ社会の害になることさえある。
犬を散歩させれば、他人の家の前に糞尿を垂れ流し、猫を外で放し飼いにすれば他人の家の庭に糞尿を垂れ流す。
吠えたり鳴いたりすれば騒音になる。
そんな経験をさせられた他人から見れば、他人のペットなど害獣でしかない。

また、犬猫が発情してうるさいだの、増えたら因るだのと言って、避妊手術をする飼い主がいるが、それは生き物を生き物として見ていない最低の行為である。
なぜなら、前にも書いたように、「子孫を残すことができる」というのは、生き物である証の一つなのだから。
生き物の証であるその能力を奪う行為は、非道そのものである。
ペットは漢字で書けば「愛玩動物」であるが、まさに動く玩具にしてしまった瞬間である。
そんな事をするくらいならロボット犬でも買うがいい。

君らもペットを飼いたいと思うことがあるかも知れないが、他人に迷惑をかけるようなことではいけない。
他人の自由を犯す行為は自由とは言わない。
家の中だけで静かに飼えるものがいいだろう。
それから同じ生き物として、非道なことはしてはならない。

我が家には熱帯魚がいる。我が家から出るときは増えた魚が貰われて行く時か死んだときである。
もちろん水槽の中で生命が継続できるようにと思って飼育している。
繁殖大歓迎だ。可能な限り水槽を増やしてみせるし、これ以上は無理となればその水槽での生態系に任せるだろう。

外界を知らず、閉じ込めておくのは可哀想というのも尤もだが、ペットを飼うことは「生命の営み」を目の当たりにする良い機会である。
生かすも殺すも自分の裁量で何とかなってしまうペットなだけに、可愛がるだけではダメだ。
その生命の重みを感じ、背負えなければならない。それすら出来ないのであれば、飼ってはならない。それは「命」であって、「物」ではないのだから。
毎日の世話もそこそこ面倒だしね。

5.DIY 【子らへ】

パパはDIYが好きだ。君たちの机や家の壁天井、本棚、ベンチ、水槽のための器具など、これまでにいろいろと作ってきた。

自分でやるということがどれだけすばらしいことか。
自分の欲しいものが出来る。機能的に満足なものが出来る。
自分で作り上げたという達成感や出来た物のへの愛着の大きさもまた格別だ。

経験は宝だ。自分でやることが大事。だからDIY。

机がどうやって作られているか観察して、実際に作ってみる。
そうすれば、どうして机が「そのように作られているのか」ということさえ見えてくる。
つまり「百聞は一見にしかず」であり、さらに「百見は一経験にしかず」である。

話が逸れるが、「百聞は一見にしかず」とは、何べん聞いても分からなくても、一回見れば分かるということである。
見れば分かるということが多いということでもある。
見ても分からないというのは、見る側がスキル不足であるか、見せられたものがいかに酷いものであるかのどちらかだ。
あるいは、見られたくないので巧みに隠してあることもある。
さらに、いくら見聞きしても、実際にやって見なければ、それは自分のものにはならない。

さて、DIYでは仕上げや見た目が落ちるところもあるかもしれない。
まあ、そこは素人だし、自分で使うものなのだから別にどうということはない。
機能がしっかりしていれば、そこには機能美が宿る。
機能のない美は、ただの見栄だ。腹の足しにもならん。
本質を見よ!!

またまた脱線するが、人は服で出来てる訳じゃない。中身の人間がいかなものかである。
服なんか着替えればよいが、中身のない人間に中身を入れるのは大変だ。
要は見栄えなんかすぐに変えられるが、中身はそうはいかないということだ。
本質、つまり中身、とはそういうものである。

ただ安けりゃいい、見栄えがよければいいと既製品でよしとするのは早計だ。
安けりゃいいものであれば、買った方が安いことは多々ある。
それを改造することで機能を満たすこともできるだろう。
だが、見栄えがいいものはいい材料を使っていたりする。
いい材料を使う場合には、自分で作った方が大抵安い。
なぜなら、いい材料を使う場合には、仕上げにも金を掛けて、さらに購買欲を満たすために高い値段設定がされているからだ。

つまり、いい材料でDIYを行う場合には、安く済み、経験値も上がり、それこそ一石二鳥だ。

それでも買うというときにはそれなりに調査検討しなくてはならない。
買ってから後悔するようなことがあれば、金と資源の無駄遣いである。
もったいないし、地球に優しくない。

「地球に優しく」。これは大事なことだ。君たちの世界を守るために「やらねばならないこと」なのだ。
身近なところで出来ることとして、リデュース(廃棄量削減)、リユース(再使用)、リサイクル(再資源化)がある。
この3つを「3R」と言う。DIYでこの3Rを行うことが可能なのだ。
新築時の余りの木材を利用したDIYをせっせとやっているのもそういう理由がある。

ともかく、Do it yourself、自分でやれ、とにかくやってみろ、ってことだね。
それには、まずチャレンジできるだけの時間が生み出せなければならない。
これは、全てに通ずることだが、毎日同じことだけやっているだけでは、人は向上できない。
必ず新しいことにチャレンジできるだけの余裕がなければならない。
そうは言っても、なかなか難しいことではある。
新しいことをやる時には、そこに「壁」があるからだ。
調べる、理解する、計画する、準備する。実行する前にやらなければならないことがあるからね。
その段階で出来る/出来ないも判断しなければならない。
だが、とにかくやってみるのはいいことだ。
これは、自分への投資である。だから、失敗を恐れてやらないよりは遥かに宜しい。
少なくとも何が出来ないかは分かる。

最後に、誰かのために作るというのは、最もすばらしい。
どういうものが欲しいのか、どう使いたいのかを聞き出し、見合うものを作り出す。
作っているときに喜ぶ顔を想いながら作れば、辛い工程も乗り切れる。
そして、それが喜ばれたときには、何にも変えがたい経験になるだろう。
また、それが社会の原理だとも思う(専門家ではないので反対意見もあるかもしれないが)。

4.釣り 【子らへ】

釣りは、魚を捕らえるための行為である。
何のために捕らえるのか。
もちろん喰らうためである。
それが釣りの本質だ。

パパは釣りが好きだ。なぜなら、捌いて君たちに食べさせるのが、親として何よりの喜びであるからだ。
先にも触れたが、生命は尊い。だからこそ、生きるためにそれを喰らうことには、感謝の念を抱かねばならない。

料理を作ったママにももちろん感謝しなければならないが、それは表面的なものだ。
料理は、生命体を捕らえ、絞め殺し、捌かれた上でできている。
我ら動物は、他の生命体を喰らうことでしか生きられないことを忘れてはならない。

釣るのが楽しいのは否定しないが、釣る行為(手段)が目的になってはいけない。
そうなった瞬間、本質から逸れた愚かしい行為になってしまう。

釣りは針に引っ掛けて、引っ張りまわし、そして捕らえる。
少なからず魚にダメージを与える。それだけで致死率5%はあるだろう。

C&R(Catch and Release:キャッチ・アンド・リリース)。
君らの知っている通り、パパはこの行為が大嫌いだ。
魚という生命体にダメージを与えておきながら、その行為を楽しんでいる輩がいる。
謂わば虐待である。まったく反吐が出る。

もう一度言うが、釣りの本質は「喰らう」ところにある。
釣るのなら喰え、喰いきれないほど釣るな、である。
人間の欲望のままに捕らえられ続ければ、その生命体には絶滅が待っている。
それほどまでに人間は破壊者でありうることも心に留めて欲しい。

3.無知の知 【子らへ】

「無知の知」とは、「知らない」ということを「分かっている」ということである。
「知ったかぶり」はいかん、ということだ。

知らない、分からないからといって恥ずかしがってはいけない。
自分で調べてみても分からないことがある。そんな時には教えを請うことも必要である。
ここで肝心なのは、調べてから、考えてから教えを請うということだ。
特に他人にいきなり教えてと言ってはいけない。それは不躾、失礼というものだ。

何についても未解明なこと(誰にも答えが出せないこと)はある。
だが、分からないことは分からないでいい。
分からないからといって、神仏のせい/おかげとするのはいただけない。

何かにすがりたくなることはあるだろう。
特に大人になってしまうと、教えてくれる人も減り、改めることも難しくなる。
だからこそ、若いうちにいろいろと学び、考え、経験したほうが良い。
そして、そのプロセスを学ぶのだ。要は、調査、計画、実行のやり方・進め方を身に付けるのだ。
大人になっても、それが必ず生きてくる。

2.君たちの名前 【子らへ】

君たちの名前は、君たちが生まれる半年以上前から考えに考え、考え抜かれたものである。
要は、妊娠が分かったときから生まれるまでの期間ずっと、あーでもないこーでもないと、ママと喧嘩もしながら考えたものだ。
本当は、結婚する前から名前はいろいろ考えてたけどね。
パパは、自分の名前が大変気に入っている。だから、同じくらい気に入る名前を見つけてあげたいと思って時間をかけたかったんだ。

お姉ちゃんの名前は、この世で最も「純粋で深い想い」を表している。
君がそんな想いを持てるよう、他人のそれを理解できるよう、そう願っている。
何より君自身がパパとママの「想い」の結晶だよ。

弟くんの名前は、(時間的にも空間的にも)広く行き渡るという意味がある。
君自身(君の考え、君の想い)が君の中へ、外へ、東西南北、縦横無尽に駆け巡って欲しいと願っている。
ちなみに、訓読みではパパの名前と同じように読めるんだ。意味も似ている。

このように、名前には親の想いが凝縮しているものだ。
だから、人の名前を馬鹿にするようなマネは絶対にしてはならない。
そんな下衆なマネをしたら、パパの拳骨が飛ぶからね。

1.生命の定義 【子らへ】

パパが大学で学んだことの中で、一番大切にしていることであり、その後は、生きる上で全ての考えの元になっているといっても過言ではない。

大学受験を控えた高校3年の初夏、「なぜ私は生きている/生きていくのだろう」と様々に悩み、考え、大学で生物学を学ぶことを決め、そして、そこで得られた答えである。

自らの存在について考えるとき、他の命を持つものについて考えねばならないとき、必ず思い出して欲しい。
これを起点にしていろいろと考えを巡らせて行って欲しい。
また、これらの全てを満たしていなければ、「生き物ですらない」ということになる。必ず心に刻んで欲しい。

「生命の定義」は、次の3つからなる。

・エネルギーを作り出すことが出来る
・子孫を残すことが出来る
・進化することが出来る

「エネルギ-を作り出すことが出来る」とは、栄養を取り、呼吸をして、燃やして(栄養と酸素を結びつけて)、エネルギーを生み出すことである。
個体を維持、成長させるための最も基本的なことだと思う。
これが出来なければ、既に死んでいるか、生命体ではなかったということになる。
逆に生きているのであれば、少なくともこれは出来ていると言える。

「子孫を残すことが出来る」
「進化することが出来る」※ただし、3番目は諸説あるらしい。
これらは密接な関係があるので、一緒に考えていこう。命は、伝えてこそ命である。
伝えるときに変化が起こる。それが進化である。
38億年前に生まれたといわれる生命が、延々と受け継がれ、様々に変化/適応して、その結果として今我らがいることを忘れてはならない。

子孫は我らが未来そのものだ。
どれだけがんばっても、その成果を享受する子らがいなければ、がんばる意味すらない(言い過ぎかもしれないが)。

受け継がれなくなったら絶滅するということだ。
君らが子を設けないと我が家系が絶える。それでも人間社会がなくなるとは思えないが、多様性がなくなる。それでは、生命として正しい道ではない。様々な個体がいるから、生まれるから、未来への様々な可能性も広がるのである。

不幸にして障害が降りかかり、その機能を失ってしまった場合においても、人間社会において出来ることはまだまだあると思う。養子をとる、募金をするのもひとつの方法だ。

こうした未来を作る意識がないのは、生き物として負けだ。
子孫を残すために、結婚という制度ができている。そして、そのために恋愛する。
それが王道である。他のどんな理由も、取って付けた言い訳にしか聞こえない。
できるのに「子供を設ける意思はない」なんてもってのほかである。
生き物であることを否定しているとも言える。

生命は、46億年前に生まれた地球の上に、38億年の歳月をかけて現在の、「奇跡」とも言える、これら3つを実現させるための仕組みを作り上げてきた。この奇跡が全ての生命体(動物、植物、バイキンでさえ)に備わっている。
だからこそ「命が尊い」のだと思う。

序 【子らへ】

遺書のつもりは一切ない。
今のところ、孫の結婚式に出席することが、我が人生の最終目標だ。
だが、死はいつ訪れるとも限らない。
そのとき、伝え切れなかったことがあるならば、志半ばになるだろう。
故に、暇を見て出来るだけ記しておきたいと思う。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち子らへカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはモノです。

次のカテゴリは日記です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。